【三人目の妊娠】初期症状やつわりの具体的な内容について体験談まとめ!

こんにちは。

男の子兄弟のアラサーママ、ねちたろです。

ご縁があり、今回三人目の妊娠に恵まれました。

妊娠・出産や、つわりなどについては結局「神のみぞ知る」と言っても過言ではないほど大きく個人差があったり(悪阻などの)原因や対策方法なども未だ謎に包まれていますよね。

今回は、

あくまで私の「実体験」ではありますが、様々なケースの中でのひとつの例として三人目の妊娠で実際に体験した「初期症状」や「つわり」の具体的な内容についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

【三人目の妊娠】初期症状はいつからあった?

つわりと同様に、初期症状の種類や感じ方、時期には個人差があるとのことです。

ねちたろ
まさに、神秘でごじゃるな。

ちなみに、私の場合は・・・。

上2人と同様に、3人目の初期症状の出現も

めっっっちゃくちゃ、

早かったです!(´◉◞౪◟◉)

ある日突然、胃のもたれから始まって色々な症状が出現。

「なんかおかしい」と感じ、治療をするために病院を受診しよう・・・と思ったのですが。

妊娠していないか確認してからの方が安心して治療できる(赤ちゃんの安全を確保できる)と思ったので、念のために妊娠検査薬を使いチェック。

そこで、薄くですが「陽性」反応が出ました。

嬉しかった半面、その陽性反応の出方が薄かったこともあり「赤ちゃんが無事なのか」不安になったので次の日すぐに産婦人科を受診しました。

産婦人科で見た胎嚢の大きさに絶句

「赤ちゃん」を確認して安心したかったので病院へ行ったのですが・・・。

確認していただいたその「エコー画像」に絶句・・・。

あまりにも早すぎた為、まだ胎嚢が素人がパッと見ただけでは見つけられないほどにちいさかったのです。

この際、医師からは

「確実に妊娠はしていますが、正常に妊娠しているかはもう少し様子を見ないとわかりません。(子宮外妊娠の可能性もあるため)1週間後にまた見せてください。」

と言われ、喜びと不安と戸惑いで胸がぐしゃぐしゃになりながら帰宅しました。

※結果、お陰様で正常に妊娠できていました。(´;ω;`)うぅ

 

という事で逆算していくと・・・。

三人目の妊娠の際、妊娠してから1ヶ月から2ヶ月の間には、すでに「初期症状」を感じていたことになります。

三人目の妊娠の際に体験した初期症状の内容とは

 

一人目、二人目とご縁をいただき妊娠・出産を経験しましたが。

つわりの種類はそれぞれに異なるものでした。

ねちたろ
ちなみにつわりの強さは三人とも共通して、強烈でした(笑)

しかし妊娠の初期症状については、私の場合三人とも似ていました

症状にとても共通点が多かったです。

夜中に数回、目が覚めてしまう

  1. 昼夜問わずトイレが近くなったり
  2. 眠りが浅くなったり(音などに反応してすぐに目が覚める)

我慢できないほど眠いけれども、眠り自体は浅い・・・。

といった症状が出るようになりました。

やたら悪夢を見る

  • 火事になる夢を見たり
  • 水におぼれる夢を見たり
  • 子どもたちが危険な目に遭遇し、必死に助けようとする夢を見たり
  • 旦那さんが浮気したり(笑)

色んな夢、特に「悪夢」をみるようになります。

強烈な眠気(昼夜問わず)に襲われ続ける

堪えがたい強烈な眠気にずーーーっと襲われ続けます(苦笑)

漫然としてしまうので、運転中や仕事中など特に注意が必要でした。

時折めまい・頭痛がする

ふとした時にめまいを感じてクラクラしてしまう事がありました。

それから、一人目と三人目の際に初期症状で強く感じたのが「頭痛」です。

酷い時は「あれ、これ頭割れるんじゃないの?」と本気で他の病気を疑うほど、寝てても起きてても強い頭痛を感じることがありました・・・。

常に胃がムカムカする(だけでなく時に吐き気も)

三人とも共通して一番わかりやすかった初期症状がこの、「胃部不快感」です。

吐き気が一番辛かった・・・・・・。

不意に感じる小さな悪寒と熱っぽさ(というか微熱)

平熱が低めな私ですが。(普段は36℃ほど)

三人目の「妊娠初期症状」を感じた際には、37℃と、微熱が続きました。

不意に感じる小さな悪寒、繰り返す短い悪寒も、妊娠初期症状のひとつだったのかもしれません。

ふとした時に、「もぞぞぞぞっ」と悪寒を感じます。(笑)

メイちゃんにくすぐられた時のトトロみたいな感じ・・・ってこれ、わかりにくいかな。苦笑

私の場合は、「胸のハリ」や「チクチクする」といった症状は特に見られませんでした。

Sponsored Link

三人目を妊娠して確信!つわりの内容は三者三様

一人目、二人目とご縁がありましたが・・・。

つわりは毎回ありました。

しかも、毎回その種類というか、内容が違うんです。

 

つわりって、妊娠前はなんとな~く、

いきなり

「うっっっ(゚Д゚;)」

と吐き気に襲われる。

んじゃないかなってくらいにしかイメージ出来ていませんでしたが。

実際(現実)は色々と違いました(笑)

 

私が経験したつわりは、大きくまとめると以下の5つです。

  1. においつわり
  2. よだれつわり
  3. 痰つわり
  4. 吐きつわり
  5. 食べつわり

1.においつわり

とにかくニオイに敏感になります。

良い匂いも、悪い臭いも全て、気持ち悪くなります。(笑)

  • 香水のにおい
  • 料理中のにおい
  • ハムやウインナーの温まったにおい
  • ご飯のたけるにおい
  • ごま油のにおい
  • 街のにおい
  • 水回りのにおい
  • 冷蔵庫の中のにおい
  • 柔軟剤のにおい
  • 自身の髪のにおい(清潔にしていても辛い)
  • 新車のにおい
  • ガソリンのにおい

などなど、とにかく「香り」のするものは全てと言っていいほどアウトでした。

因みに、一人目の時は経験しなかったのでわかりませんでしたが・・・。

においつわりの際の、オムツ交換はなっかなか、辛いです。苦笑

それから、香りの集会所である台所とお風呂が地獄になります。

においとは違うかもしれませんが「湯気」もアウトです・・・。

お風呂に入るって・・・。

台所に立つって・・・。

冷蔵庫を開けるって・・・。

料理を作るって・・・。

歯を磨くって・・・。

妊娠中は勇気と覚悟がいるんですよね、ほんと。

2.よだれつわり

はじめての妊娠中、一番と言っていいほど悩んだのが「よだれつわり」です。

はじめて聞くと、なんじゃそりゃ?って思いますよね?

口の中で常に唾液が異常に多く分泌されて口の中が不愉快になるだけでなく、飲み込もうもんなら吐き気が出てしまうというやっかいな症状です。

  • ティッシュの消費量が半端じゃなくなります。
  • そして、季節関係なく唇がカッサカサになります。(笑)

3.痰つわり

三人目の妊娠で初めて経験したのがこの「痰つわり」。

よだれつわりと似ていますが、その「痰」バージョンです。

かーーーーーーーーなり、

辛いです。(苦笑)

スッキリ吐き出せたらいいのですが、そうはいきません。

何度とっても、のどに違和感が残ります。

厄介なのは、

痰を吐き出そうとする

咳込む

吐き気出現・・・

というパターンに襲われる事。

そして辛いのが、

  • 対策方法が特にないことと、
  • 生まれるまで続くケースが多いこと

ですー(´;ω;`)

もうね、ママさん。

ママさんはこんっっっだけ頑張ってるんだから、無事に赤ちゃん産んでつわりから解放されたらご自身にもたっくさんご褒美してあげてくださいよ!

美味しいもの、食べましょう!

4.吐きつわり

これが結構ドラマとかでも再現されている有名なケースですよね。

「うっ」ってなるあのシーンでしょうか。

 

吐きつわりで怖いのは、脱水症状になるリスクがあるということ。

「つわりはよくあるケース」だと我慢せずに、早めに医師へご相談くださいね。

漢方薬や、錠剤、点滴注射などが処方される事もあります。

みんなで力を合わせて、乗り越えましょう♪

5.食べつわり

こちらも、三人目の妊娠で初めて経験しました。

「つねに食べていないと(空腹になると)気持ち悪い」

食べつわり。

※しかも、食べたところでスッキリはしないw

食べつわりの症状を緩和するには

  • バナナや
  • アメ、
  • 炭酸水

が効果的であるという情報もありますが、私の場合はこれに加えて「痰つわり」があったためか対策としての効果は実感できませんでした。

 

この他にも、(上記と重複する部分もありますが)

  • 強烈な眠気に襲われ続けたり、
  • 何かと気持ちが悩みがち、沈みがちになったり
  • 無意識に漫然運転をしてしまっていたり
  • とにかく忘れっぽくなったり
  • 自分でも驚いてしまうようなドジを踏んだり
  • 頭痛がしたり
  • 腰痛があったり
  • 眠れなくなったり
  • 足がむくんだりつりやすくなったり

妊娠中は心身ともに様々な症状やトラブルにも悩まされます。

外見ではわかりにくい症状も沢山あります。

妊婦さんは、初産婦も経産婦も関係なく、「妊婦」さんです。

出産の経験があるからと言って妊娠・つわり・出産のリスクが減るわけではありません。

 

そして特に「悪阻」などは実際に経験している方でなければその具体的な症状や対応策についての理解や想像が難しいこともありますので、心身が疲れている時などは特に、ひとりで抱えたり我慢したりせず、無理せず周囲に発信してくださいね。

パートナーやご家族へ具体的に伝えることで、よりよいチームワークを築き、共に乗り越えていきましょう♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして(*´▽`*)このブログを書いているのは、熊本の小さなアパートに住む普通のママです。基本的に、気になることや面白いこと、役立つことなどを書いていきます。このブログのコンセプトは、大切な家族を想う、パパやママのための記事作りになっています。どうぞ、お付き合い下さいませ(*´▽`*)