【臨月】旦那が飲み会で連絡も取れない場合の超絶具体的な対処法!

臨月に入ると、多くのママはからだの不調だけではなく、出産への不安や心細さを感じながら過ごします。

  • 赤ちゃんを無事に産めるだろうか
  • もしもの時、どこまで自分で動けるだろうか

ママ本人だって、大げさではなく本当に命を懸けて子どもを出産します。

これは、初めてのお産でも何度目かの出産であっても同じです。自分も赤ちゃんも無事に、乗り越えられるかと考えると・・・。赤ちゃんとの未来に対する希望と同時に、無事に命を守れるのか・失ってしまうのではないかという大きな不安も感じるのです。

そんな時

「旦那さんがそばに居てくれる。」

ただ、それだけでこの不安や心細さは大きく軽減します。

しかし、残念ですが色々な事情により、どうしても旦那さんが飲み会に参加しなければならない場合があります。

心細さや寂しさ、悲しい気持ちはそう簡単には拭えません。

しかし、今はお腹の赤ちゃんと自分自身の命を守るために、第一に対処法を考えておく必要があります。

今回は

どうしても。どーーーうしても、旦那さんが飲み会に参加しなければならない場合(断る気がない場合や断れない場合など)の「もしもの時」に備えた対処法をご紹介します。

【臨月】旦那が飲み会に行く前に話し合っておくべき項目

Sponsored Link

旦那さんに飲み会を断る気がない場合と、どうしても断れない場合とでは、心理的にも環境が全く異なってきますが。

いずれにしても、とにかく臨月という重要な時期に旦那さんが飲み会に出席する場合は、飲み会の前に夫婦で話し合いをしておく必要があります。

だって、妊娠しているのはママですが、妊娠も出産も

  • 「夫婦が決めたこと」
  • 「夫婦で考えること」
  • 「夫婦で乗り越えること」

ですからね(*´▽`*)本来ママひとりで抱えるべき問題ではないのですから。

1.上司や飲み会の参加者にあらかじめ嫁が臨月であることを伝えてもらう

まずは誰よりも先に、旦那さんに臨月という状況を理解してもらう必要がありますね(*´ω`*)

そして、旦那さんにとって大切な奥さんであるあなたの大切な「気持ち」を伝える必要があります。なるべく感情的にならず、かつ素直に「寂しい」とか「不安」だという思いを愛情を持って伝え、それから夫婦でしっかり話し合いましょう。

そして、旦那さんから直接飲み会に参加する上司や先輩、その他の方々に嫁が今臨月であることを伝えてもらいましょう。

ただ「臨月」とだけ伝えても、特に独身の男性はつまりどういう事なのか理解・イメージしにくいかもしれません。

具体的に

  • こんな状態であり、
  • こんなケース(可能性)がある

という事まで伝えてもらえるといいですね。

ねちたろ
例:急に臨月の体調が悪化。という理由で家族から電話がかかってくるかもしれません。
ねちたろ
例:急に上の子の体調が変化。という理由で家族から電話がかかってくるかもしれません。
ねちたろ
例:陣痛などにより救急車から電話がかかってくるかもしれません。

つまり、何らかの理由で

  • 嫁や家族、救急車などから重要な電話がかかってくる可能性がある
  • かかってきた電話には反応・取る必要がある
  • 帰宅する必要がある場合がある
  • 運転する必要がある場合がある

という内容を伝えてもらいましょう。

ねちたろ
会社側も、前もって伝えてもらった方がもしもの時に動きやすいし、迷惑どころか嫁思いのいい旦那さんだと感じるわ!

2.できる限り二次会には参加しない

上記の理由から、身体的にも「臨月の嫁をひとりにする」ということがどれだけリスキーなのかがわかると思います。しかし、それだけでなく臨月のママは身体の不調に伴って心の状態も不安定になりがちです。

ねちたろ
心細さや寂しさ、不安を感じるのは当然だよ…。

「お付き合い」でどうしても飲み会に参加しなければならない場合でも、仕事に対する熱意や先輩に対する尊敬の心は一次会で十分気持ちが伝わるはずです。

大切な奥さんを本当に大切に思うならば、出来る限り早めに帰宅し、そばに居るよう努力してほしいですよね。

ねちたろ
飲み会に行くなとは言わないからさ。奥さんも赤ちゃんも旦那として、父親として大事にしてあげてね。

3.できる限り飲まない(アルコールを摂取しない)

「もしもの時」に運転が出来なかったり、よっぱらってしまって迅速・的確に反応・行動出来なかった場合、後悔するのは飲み会に参加しお酒を飲んだ旦那さんです。

守るべき嫁がいる旦那・一人の父親として、大切な奥さんと赤ちゃんどちらの命も守るために、今はお酒は控えるよう伝えましょう。

ねちたろ
臨月の嫁の為に飲まない旦那さんって。めっちゃかっこいいよ!

4.電話連絡は取れるようにしておく

臨月の妊婦さんがひとりで家にいるという場合、「いつ」「何が」あってもおかしくありません。迅速に、的確に動く必要がある場合、旦那さんと連絡が取れるというだけで心強い&解決へ向かえるケースが多いのです。

また、臨月のママがひとりでない場合も、意識がなくなるなど予想外の展開も起こりうるのが「妊娠・出産」です。

お嫁さんやご家族からの連絡が取れるよう、かかってきた電話に必ず出るよう伝えておきましょう。

5.「もしもの時」に飲み会に参加していた旦那でも出来ること・すべき事を伝えておく

たとえば、

  • タクシーや救急車を呼ぶ
  • 家族(実父母や義父母など)に連絡する
  • 荷物を持っていく

など、緊急時にも旦那さんに出来ることがあります。

ひとりで抱えず、旦那さんにしてもらいましょう。

  1. 荷物(入院グッズ)は前もって準備しておく
  2. 荷物の場所は夫婦で決めておき、内容なども確認しておく
  3. タクシーの電話番号はメモに控えて持ち歩く(スマホに登録しておく)
  4. 親の連絡先も確認しておく

夫婦で一緒に考え、前もって用意することで緊急時にもよりスムーズに心身の負担なく対応できやすくなります。

それでも臨月の妊婦が飲み会の旦那と「連絡が取れない場合」を考えた出産準備が必要な理由と前もって用意しておくべき準備物

Sponsored Link

それでも臨月の妊婦が飲み会の旦那と「連絡が取れない場合」を考えた出産準備が必要な理由

  • こんな時に限って電話に気づかなかった
  • 上司の前では電話を取れない
  • 電話を落とした・故障したなどのトラブル

起きてほしくないことですが、それでも何らかのトラブルが発生する場合もあります。

そんな緊急時にもなるべく冷静に、的確に臨月のママご自身と赤ちゃんを守るために。

心と荷物の準備をしておきましょう。

1.前もって用意しておくべき準備物(入院グッズ)

いざ、陣痛が始まってしまうとそれを「ちょっと待って!」と止めることはできません。あまり時間も体力も余裕のない中で、一から準備するとなると大変!なので、出来るものは前もって準備しておきましょう。

入院グッズ(必要物品)は病院によっても異なってきますが、後からでも持っていけるものもありますよね。緊急時には持っていくと間違いなく便利なものを優先して準備しましょう♪

  • 母子手帳(必須)
  • 財布(必須)
  • スマホ(必須)
  • スマホの充電器(忘れやすいw)
  • 黒ペン(意外と書類など書く機会が多いです)
  • 印鑑(必須)
  • 身体拭きシート(産前・産後すぐはお風呂に入れない)
  • ストロー(身体をあまり起こさなくても水分補給できる)

赤ちゃんの生まれるタイミングは、ママにもお医者さんにも、誰にもわかりません。

お産は命懸けであり、奇跡の塊です。

気持ちにもからだにもゆとりを持って挑むために、前もって準備しておきましょう。

2.緊急連絡先は必ずチェック&伝え方をイメトレしておく!

もしもの時が来てしまった場合、高い確率で…あたふたします。

(´◉◞౪◟◉)

飲み会に参加した旦那さんと連絡が取れない場合も想定し、

  • かかりつけ産婦人科の連絡先
  • 救急車の連絡先
  • 両親や家族の連絡先

を、スマホに登録&目に見えるところ(リビングの壁など)に貼っておくことをおすすめします!

私は初めての陣痛の時、頭が真っ白になって何をどこからどのように伝えたらいいかすらもわからなくなってしまいましたwなので、二人目からはあらかじめ伝えるべき項目(主人の家族の連絡先や自分の体調、現在何週か、出産予定日など)カンニングペーパーのようにメモにとり、壁に貼っていました。

【臨月】旦那が飲み会で連絡も取れない場合の超絶具体的な対処法まとめ

今までの内容を簡単にまとめると・・・。

  • 旦那さんが飲み会に行く前に、旦那さんと話し合い、具体的に約束を決めておく
  • 夫婦で親という自覚&親としての行動をする為に、旦那さんと一緒に荷物や緊急連絡先の確認をしておく
  • 「連絡が取れない」場合でも動けるように、心と荷物の準備をしておく

です(*´ω`*)

臨月の嫁からするとやっぱり一番理想的なのは、周りが何といおうと旦那さんが自分の意思でそばに居てくれる、もしくはそばに居られるように精一杯努力してくれることですけどね・・・(´◉◞౪◟◉)☆

ねちたろ
ひとりじゃないよ、ママ。あんたにゃ私がいる。共に頑張ろうぜ!
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして(*´▽`*)このブログを書いているのは、熊本の小さなアパートに住む普通のママです。基本的に、気になることや面白いこと、役立つことなどを書いていきます。このブログのコンセプトは、大切な家族を想う、パパやママのための記事作りになっています。どうぞ、お付き合い下さいませ(*´▽`*)