【2歳】親子で楽しめる室内遊び12選!簡単すぎるけど意外と面白いw

こんにちは、ねちたろです。

子どもとのかけがえのない時間。雨の日でも、お部屋でも。楽しく過ごしたいですよね。本当は、せっかくだからいろいろ丁寧に手作りしてあげたい!手の凝った遊びをしてあげたい!満腹になるまで構ってあげたい・・・!という愛情とは裏腹に、忙しい現実と厳しい経済ががなかなか心と時間に余裕を持たせてくれません。

をーぅ。ごめんよう、わが息子・・・。

グズグズ、グダグダになってしまう退屈な時間を、ハッピーな時間に変えてあげたいー。子どもの持て余した体力を楽しく消費させたいー。でも(´◉◞౪◟◉)結局何をすればいいのかわからなくて、ひたすら悩んでいました・・・。

そんなある日。偶然に、私は気づいたのです。ふと、なんでも(キッチン道具もしかり)おもちゃにして自分で考えながら面白くあそんでいるわが子を見て。「あ、楽しかったらおもちゃや遊び方が立派じゃなくてもいいんだ!」と。

特別なおもちゃがなくて、いいんです。

手の込んだ遊びじゃなくて、いいんです。

ということで、今回は不器用でズボラなねちたろが「めちゃくちゃ簡単でラクで楽しい」をテーマに、まとめていきたいと思います。

 

え?こんなんでいいの?って声が聞こえそうですが(´◉◞౪◟◉)

 

いいんです(´◉◞౪◟◉)w

Sponsored Link

楽しいお部屋あそび12選♪

私が普段実際に遊んでいる、親子で楽しめる遊びを12パターンご紹介しますね!

  1. おやつを作ろう
  2. 小麦粘土で遊ぼう
  3. お絵かきしよう
  4. ぬり絵に挑戦っ
  5. はさみを使って紙をちょきちょき切ってみよう
  6. 新聞紙をちぎって、丸めて、ぽーんと投げてみよう
  7. ベランダ・お風呂でシャボン玉遊びしよう
  8. お風呂で水遊びしよう
  9. 色画用紙を壁に貼るだけで・・・♪
  10. 紙コップでピラミッドづくり
  11. 洗濯バサミをつなげていく
  12. こんな日こそゆったり絵本を読もう

1.おやつを作ろう

親子でおやつをめちゃくちゃ簡単に♪楽しく作りましょう。2歳のお子さんにも材料をボールへ「入れて」もらったり「混ぜて」もらったり、ボールなどを「支えて」もらったりするなどドンドン参加してもらいましょう。この時、一緒に作る、というよりも一緒に「楽しむ」を目的に行いましょう♪

私たち大人でも時にはあるように、こどもは落とす、失敗するなどはつきもの(´◉◞౪◟◉)笑って過ごすためにも親である私たちがまず「汚していい環境」の準備(と、開き直る心の準備w)を予めしておくといいですね♪私は理科の実験や工作という感覚でまさに「一緒に、遊ぶ」ように作ります。こぼしてもそれはそれで勉強になるし、拭くという新しいスキルも学べますよね(と、自分に言い聞かせていますw)

  • ゼリーづくり
  • ホットケーキづくり
  • クッキーづくり
  • サンドイッチづくり(パンに具やジャムを挟むだけ♪)

などの簡単な調理もいいですが、

  • ヨーグルトにフレークを乗せたり
  • プリンに果物やクリームを乗せたり等

出来ているもの×出来ているものでただトッピングするだけ♪でも十分楽しめますよ。また、今は「電子レンジでチン♪するだけ」や「まぜるだけ♪」で出来てしまうおやつやお菓子も販売されています。有り難く活用させていただきましょう!便利な世の中になったものだ。(*´ω`*)モフ

おやつといえば「蒸しイモ」や「蒸したトウモロコシ」などもいいですよね♪餃子の皮にケチャップ、ピーマン、ベーコン、チーズをのせて焼くとできるミニミニピザもおすすめですよ~♪

・・・なんと。実は、バナナを一緒に切る(包丁で)という作業だけでも楽しめます。
※刃物を扱いますので、十分お気を付けくださいませ

2.小麦粘土で遊ぼう

小麦粘土で一緒に遊ぶのもいいですね。意外かもしれませんが、大人もいつの間にか熱中してしまうほど楽しめます。小麦粘土の超簡単な作り方や楽しみ方についてはこちらでご紹介していますのでよかったらご覧ください♪

3.お絵かきしよう

みんな大好き!お絵かき。2歳の絵は正直まだ大人の目には「グルグル」「ピッピ」にしか見えないかもしれません。しかし、どれもわが子が描いた立派な絵!「これは何の絵かな?」なんて会話を楽しみながら一緒にお絵かきしましょう♪クレヨンやクーピー、色鉛筆など。色々な道具を使うことでそれぞれに必要な力加減なども学べます。絵の具でのお絵かきは・・・とっても楽しいのですが準備も最中も後片付けもめっちゃ大変ですので「めちゃくちゃ簡単でラクで楽しい」がテーマである今回は、おすすめしません(´◉◞౪◟◉)w

4.ぬり絵に挑戦っ

ぬり絵の題材が手元にない場合、

  1. PCで無料ダウンロードできるサービスもあります。
  2. ママやパパが絵を描いてくれたらそれはめっちゃ素敵で立派なぬり絵に変身します。

気楽に気軽に、楽しみましょう。

ちなみに私は息子のリクエストにお応えして、アンパンマンの絵を描きました。息子、大喜びしてアンパンマンが跡形もなく消えてしまうほど塗りつぶしていました(´◉◞౪◟◉){黒でw

5.はさみを使って紙をちょきちょき切ってみよう

これはただただ、要らない紙を好きなように切ってもらうだけです。それだけでこどもは喜んでくれ、尚且つめちゃくちゃ熱中します。もちろん、何か絵の周りを切ってもらうとか、「まっすぐ」「ギザギザに」切ってみるなど月齢に合わせてアレンジも出来ます♪

はさみは手を切る可能性もあります。貴方が必ず見守り、お子さんは熱中されていますので時々「気をつけてね~」など声を掛けてあげてくださいね。

6.新聞紙をちぎって、丸めて、ぽーんと投げてみよう

え?本当にこんな遊びでいいの?って思いますよね。いいんです、いいんです。これが意外と、楽しいんです。要らない新聞紙を好きなだけちぎったり破いたりしてもらいましょう。上からパラパラと降らせてあげるのも喜びます。(私はこれが諭吉さんだったらいいなと妄想しながらしています←)

↑めっちゃ散らかるじゃんか・・・。と思いきや。こんどはその散らかった新聞紙たちをごみ袋に集めるゲームを開催します。早く入れたもの勝ち♪と言って誘ってみたり、袋さんがおなかすいてるから、ごはん(新聞紙)をあげよう♪と誘ってみたり。

袋が新聞紙で膨らんだら、中身が出ないように縛って、今度はそれをボールにして遊んだりもできます。

さて、次です。同じく新聞紙をただただくしゃくしゃに丸めて、転がしたりキャッチボールをしたりします。バスケットボールのように何かを目標にして一緒に投げるのも楽しいですよ♪その「目標」がごみ箱やごみ袋なら・・・片付いて一石二鳥ですね(´◉◞౪◟◉)グフフ

7.ベランダやお風呂でシャボン玉遊びしよう

シャボン玉といえば、なんとな~くお外で遊ぶイメージがありますよね。私のこの固定観念を、先日うちのばーばが見事に変えてくれました。

それは帰省したある雨の日。

「シャボン玉したい~」と嘆く息子に間髪入れずに「しようしよう~♪」と母。「外は雨だから出来ないよー」といった私に「家ですれば大丈夫でしょ♪」と、私たち親子をお風呂場へいざないました。

な、なるほど(´◉◞౪◟◉)ソノテガアッタカ

  • 屋根があって
  • 濡れたり汚れても大丈夫で
  • シャボン玉が飛んでいい場所

であれば、屋外でなくても楽しめちゃうのです!!!

シャボン玉の液があれば、シャボン玉は手でも作れます(手を液に浸し丸を作って、ふうっと息を吹きかけます)ので、とっても簡単に遊べますよ♪

8.お風呂で水(お湯でもok)遊びしよう

お風呂は身体を清潔にするという役割もありますが、子どもにとっては楽しい遊びがたくさんできる場所のひとつでもあります。水着を着せてプールごっこでもいいですし、わが家は水着さえも着用せず裸ん坊で遊んでいますよ。水をパシャパシャして遊ぶって、わくわくしますよね。おもちゃを持ってきて使うのもいいですね。

水に触れることで、子どもたちの気持ちは解放されます。また、皮膚が丈夫になったり、心肺機能が高まるなどの効果もあります。月齢に応じて水位や水温を調節して、楽しく水遊びしましょう♪

【水に入る前の注意点】

  1. ケガを予防するために、手足の爪は切っておきましょう
  2. 耳の掃除をしておきましょう
  3. 体調の悪い時での水遊びは控えましょう
  4. 低い水位でも溺れる可能性があります目は離さないようにしましょう

9.色画用紙を壁に貼るだけで・・・♪

色画用紙はお持ちですか?もしもあるならば、何色かを簡単に両面テープなどで壁に貼ってみてください。それだけで、お子さんに「○色はどーれだ♪どーこだ♪」と言って触ってもらうという簡単なゲームができます。同じ部屋の中で違う壁に一色ずつ貼ってみたり、別のお部屋や廊下に貼ってみても面白いですよ。(子どものわくわくする反応がめちゃ可愛いです)

Sponsored Link

10.紙コップでピラミッドづくり

これはまたとっても簡単というか単純なのですが、紙コップを横一列に並べていき、その上に少しずらして紙コップを並べ、ピラミッドを作っていくという遊びです。はさみものりも使いません。高さが出来てくると、子どもたちは大はしゃぎ。せっかく積みあがったものをばーーーんと壊し、また作っていくという謎の楽しみ方を勝手にあみだします(笑)

横一列にしなくても、いろんな形で組み立てられます。(まあるく重ねていくなど)

ただ親子で交互に紙コップを重ねていくだけ、でも十分楽しめますよ。ね、楽ちんでしょう?(=゚ω゚)ノ

11.洗濯バサミをつなげていく

用意するものは洗濯バサミのみです。洗濯バサミの指で挟む部分に、別の洗濯バサミを挟んでいく。だけ。失笑されそうですがこども受けするんですよこれが(´◉◞౪◟◉)

12.こんな日こそ、ゆったり絵本を読もう。

「眠くなれ~頼む、眠くなれ~」と呪文を唱えるように、内心必死で読む、夜の「読み聞かせ」とはちがい(笑)お昼に「絵本よもっか♪」と親子で開く絵本は、格別です。こどもが喜ぶのはもちろん、親である私たちの心が癒されます。

  • 膝に乗ってくるわが子の温かい存在に改めて気づかされます
  • 本を開いたり、お膝に乗せてくる小さな手が、愛おしく感じられます
  • 絵本の内容が心地よく心に沁みてきます
  • 充実した、心温まる親子の時間を過ごせます(親子ともに安心感を得られます)

絵本はこどもにとっても親にとっても、メリットがいっぱいです。

 

 

ね、申し訳ないくらい簡単すぎますよね。でも

こどもは心から、楽しんでくれるんですよ。

大切なのは立派なおもちゃでも決まった遊び方でもない

重複しますが、簡単なおもちゃでも、単純な遊びでも、なんでもいいんです。

子どもが求めているものは、あなたからの「愛情」と、あなたがいてくれる「時間」と、実験に近いような、単純で面白そうな遊びです。対する私たちが大切にしたいのは、どのようにこどもとの時間を過ごすか。ですよね。

子どもたちが笑ってくれて、楽しんでくれて。自分たち親も心軽く、穏やかに過ごせたら。最高に素敵な時間をすごせますよね。雨の日の休日も、お部屋での狭い空間も、流れる時間も。温かく明るいほうへ向かいます。

そのとっても簡単で今すぐに実践できるたった一つの方法。それは・・・。

自身も一緒に、楽しむこと。

子どもの時、こんなのが楽しかったなー。とか、これってこうしたら楽しいんじゃないかな?とか考えながらわが子と遊ぶと、いつの間にか自分自身もワクワクしてきて。それがこどもにも伝わるのでしょうね。こどももどんどん明るい表情を見せてくれるようになります。

  • 「遊んであげる」というよりも童心にかえって、子どもに負けじと「遊ぶ」
  • 自分が楽しめる遊びをする(今日は汚してほしくないなと思ったら無理して汚れる遊びはしないでいいんです♪)
  • 無理はしない。我慢はしない。

自分との簡単な約束を決めて、思いっきり親子の時間を満喫しましょう♪

かけがえのない時間を、あなたらしく楽しく過ごせますように♪(@^^)/~~~

↓ランキングに参加しています♪よかったら応援してください(*´▽`*)


子育て情報ランキング

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして(*´▽`*)このブログを書いているのは、熊本の小さなアパートに住む普通のママです。基本的に、気になることや面白いこと、役立つことなどを書いていきます。このブログのコンセプトは、大切な家族を想う、パパやママのための記事作りになっています。どうぞ、お付き合い下さいませ(*´▽`*)