小規模保育園って実際どう?1歳を預けて知ったメリット・デメリット

こんにちは。ねちたろです。

・・・保活、大変ですよね(´◉◞౪◟◉)

やっぱり、希望した保育園に預けたいけど、評判が良いと思うところは倍率が高いし・・・というかまず、保育園に入園できるかさえも難しいですもんね・・・。

私も、申請時に第1希望から第7希望までびっしり書いて提出しましたが本当に希望していたのは第3希望までで。

実際に決まった第7希望の保育園は、見学さえも行かなかった「小規模保育園」。場所が家から近いというだけで記入した保育園でした。

よかった!とりあえず入れた・・・!

ヤッター\(^o^)/

・・・で・・・(´◉◞౪◟◉)。

Sponsored Link

「小規模保育園って何?」「実際どうなの?」

はい。ごめんなさい。恥ずかしながら、実際はよく知らないまま、ただただ必死に保育園に入園させるために書いた「小規模保育園」への希望。入園が決まってから初めて

保育士である友人に小規模保育園の特徴を聞きました。

小規模保育園は、0~3歳未満(2歳児クラスまで)の定員6名以上、19名以下の少人数制保育を実施している小さな保育園です。とっても簡単に言うと、少人数制の、小さな認可園です。

小規模保育園はA型・B型・C型の3つのタイプに分かれています

小規模保育事業A型

0~3歳未満を対象とし、定員は6名以上、19名以下の園です。

ちなみに、0~1歳児は1名あたり3.30㎡、2歳児は1名あたり1.98㎡の面積が必要だそうです。

・・・と言われましても、算数が苦手な私には全くイメージが出来ませんが。(´◉◞౪◟◉)グヌウ

在籍する職員の方は全員保育士資格を持っておられます。一般的な職員配置基準(認可保育園に必要な職員の最低配置数の基準)より1名多く職員を配置するように定められています。

※一般的な職員配置基準とは⇒0歳児なら3名につき約1名。1~2歳児なら6名につき約1名の職員さんが必要と定められているそうです。

我が家の長男も、この小規模保育事業A型と呼ばれる小規模保育園に通っています。

小規模保育事業B型

齢制限・定員・必要面積、・職員配置基準より1名多く職員を配置するという点はA型と同じです。

しかし、在籍する職員の方の、半数以上が保育士資格持っていれば良いといった形態が、A型とは異なります。

保育士の資格は持たずに、補助として保育業務をサポートする職員の方もいる、ということですね。

小規模保育事業C型

小規模保育事業C型は、3種類の中でもっと小さく、家庭的なスタイルです。

定員は6~10名。C型の特徴は各自治体が実施する研修の受講を受けた保育士さん。または、認定研修を修了した保育士同等以上の知識、経験があると市町村長に認められた「家庭的保育者さん」が保育を行います。

ちなみに、必要面積は0~2歳児1名あたり、3.30㎡。

A型やB型のように、「職員配置基準より1名多く職員を配置する」というルールは定められていません

 

・・・まさか第7希望に決まるなんて思ってもいなかったので、3種類あるだのなんだのかんだの、

全く知りませんでした。(´◉◞౪◟◉)oh

場所によってはB型、C型の小規模保育園が存在しないという地域もあります。(私の住む地域もA型しかなかったので『なんでAなんだろう』と不思議に思っていました)

 

小規模保育園について何とな~くイメージがわいてきましたでしょうか?

  • 種類は3種類あるらしい
  • それぞれ少しずつ違いがあるらしい
  • ようは、小さな認可園だって♪

という感じですね(雑w)

さて。保活を行う際に色々と疑問が出てきますが。やっぱり、お金(値段)のことも気になりますよね。

Sponsored Link

小規模保育園の保育料金は他の認可保育園と違うの?

安心してください。難しいことや特別な制度などはありません。

小規模保育園も、一般的な認可保育園と

同じ料金システムになっています。

※一般的な認可保育園の料金は世帯の所得によって変動します。
市民税の等級で決定されるので、認可保育園であればそれに応じて一律です。

(私は小規模=保育士さんの配置人数が多めなので料金は高いのかも・・・と思っていました。あーよかった)

ただし、保育料金以外の教材費・布団リース代などは園によってさまざまです。
保育園によっては維持費が高くかかるケースもあるそうです。

ちなみに私の息子が通っている小規模保育園はというと、布団は週末に持ち帰り自宅で洗ってくるという形でしたので布団リース代等はありませんでした。連絡帳代金が410円、帽子代金が1000円かかるくらいで、教材費も特にありませんでした。

小規模保育園実際に入園して感じたメリット・デメリット

正直、小規模保育園への入園が決定した際には、やっとで入園できて心底有り難かった反面「本当は【一般的な】保育園が良かった」と感じ、小規模保育園での生活は不安ばかり抱いていました。

【小規模保育の皆さま、ごめんなさい!】

だって。園児の数も少ぅ~ないし、

施設もめっちゃ小ぃ~さいし、

園庭なんて小さいどころか、

無かったんですからーーー(´◉◞౪◟◉)

「手持ち無沙汰になったり、運動不足にならないだろうか」

「寂しい思いをしてしまわないだろうか」

そんな不安を抱きながら、毎日後ろ髪を引かれる思いで最愛の息子を預け続けてはや2年目。

現在の、親ばかの率直な感想としては・・・。

 

小規模保育園って・・・・・

良いこといっぱいやーん!

です。(´◉◞౪◟◉)イヤホントニ

 

 

以下で体験談としてお伝えしますね。

あ!でも・・・小規模に限らずどの保育園でも

  • 運営する会社の方針とか
  • カリキュラムの内容とか。
  • 先生や園児の人数や雰囲気とか
  • 立地環境とかとか。

そこそこの保育園によって雰囲気が全然違いますので、あくまでご参考までに、ご覧くださいね(´◉◞౪◟◉)
※保育園の見学は行くに越したことないですよー!

小規模保育園に実際通わせて実感したメリット3つ

実際に通って初めて実感したメリットは、大きく分けてみると次の3つです

  1. とにかく丁寧で細やかな保育がされている
  2. 園庭がないからこその工夫をしていただいている
  3. 園児が年齢関係なくみんな仲良し

 

1:とにかく丁寧で細やかな保育がされている

子どもたちに対し先生も多い為、先生の目が子どもたち一人一人にしっかりと届いていることを感じます。理想的ではありますが、大きな保育園ではなかなか実現することが難しいのではないでしょうか。

  • 給食のメニューも栄養のみでなく味付けや色彩にこだわっていました。毎回写真を撮りたいくらい美しいです。子どもたちも大喜び!わが子はほぼ毎日、おかわりしてきます
  • 給食は専門の職員の方が園の調理室で作ってくださるためいつも出来立てをいただけます。さらに、0歳児には月齢に合った離乳食も作ってくださり、アレルギー食なども細かく丁寧に対応してくださいます。
  • 連絡帳には毎日、こどもの1日の様子がびっしりと詳しく書いてあります。(体調の変化・遊んだ内容とその反応等)
  • 保護者の疑問や相談に対しめちゃくちゃ親身に、詳しく答えてくださいます。保護者の希望があれば保育面談なども実施してくださいます。

2:園庭がないからこその工夫をしていただいている

先ほども述べましたが、私の息子がお世話になっている保育園は園庭が小さいどころか、ありません。故に、運動不足になるのでは・・・などとても心配でしたが、保育園の先生方がその心配や不安を

入園早々に、爽快に排除してくださいました。

保育園では先生方が積極的に外に出るような時間を作ってくださったり、季節に合わせて楽しいイベントを企画してくださいます

その工夫の範囲というかクオリティというか、情熱というか。もう、半端ではなくて!(´;ω;`)

保育園の近くの公園や神社など、徒歩圏内で行ける距離はもちろん、時には電車やタクシーを使って移動したり!家ではなかなかさせてあげられない凝った遊びや、交通ルール、お金のお勉強なども、楽しく提供してくださっているのです。

保育園でお散歩するようになって、ある日突然自分の息子が横断歩道を渡るときに自分から手を挙げた姿を見たときには

もう、本当。感動しました。

3:園児が分け隔てなく仲良し

0歳の赤ちゃんから3歳までの子どもたちが、同じ部屋で過ごします。遊びなどは月齢に合ったものを提供してくださっているのですが、壁や仕切りはありません。その中で毎日顔を合わせているこどもたちは、みんな全員の顔と名前をすぐに覚えます。もともと人数も多くはない為、なおさら覚えやすいのかもしれませんね♪

また、上の子たちが、小さな子たちのお世話をしたりしっかりと見る子に育ちやすいです!めちゃくちゃ甘えん坊のわが子も、入園した当初お兄ちゃんやお姉ちゃんたちにたくさん可愛がってもらいました

よっぽど嬉しかったのでしょう。今は0歳の弟のお世話や遊び相手を積極的にしてくれる頼もしいお兄ちゃんになりました。

小規模保育園に通わせて実際に感じたデメリット

入園前から不安に思っていて、現在も同じくデメリットに感じていること。それは2歳児クラス(年度はじめの4月2日時点で2歳の子供のクラス※年度途中で3歳になるけど、卒園までは在籍できます)で卒園となることです。

未満児クラスの卒園後、年少さんクラスからはもう一度保活をする必要があります。

お世話になっている保育園の保育士さんに伺いましたが、小規模保育園は「連携施設」といって遊びや教育を一緒に行ったり、卒園後の優先受け入れ先となったりする保育園が設定されていますが卒園後の入園が確約されているわけではないのだそうです・・・。

あくまで「優先する」というだけなので、共働きであるわが家にとって不安を消すことができません。

それでも、やっぱり。

このデメリットは、私にとって正直大きいです。でも、それでも。

私は、結果的にですが小規模保育園に入園出来てよかったと心から感じています。

保活は不安と不安と焦りと不安しかありませんが(笑)

いきいきと、すくすくと。のびのびと育ってくれている息子を見ると、家庭的でこども一人一人に目が行き届いた保育は、自分たちにとって、とてもいい環境だったなと感じます。

保活、大変ですけどね

 

↓ランキングに参加しています♪よかったら応援してください(*´▽`*)


子育て情報ランキング

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして(*´▽`*)このブログを書いているのは、熊本の小さなアパートに住む普通のママです。基本的に、気になることや面白いこと、役立つことなどを書いていきます。このブログのコンセプトは、大切な家族を想う、パパやママのための記事作りになっています。どうぞ、お付き合い下さいませ(*´▽`*)