【熊本だけ?】鯉のぼりの独特のしきたり・風習まとめ!おすすめのスポットも

男の子の成長を願う、5月5日の「端午の節句」。

  • 鯉のぼりや
  • 5月人形、
  • 鎧兜

を飾りますが、熊本県では、独特のしきたりがあるって、ご存知でしょうか?

今回は、熊本県ならではの「鯉のぼり」の風習をご紹介します(`・ω・´)ゞ

Sponsored Link

そもそも、こいのぼりって?

鯉は池や沼でも生息することが出来る、とても生命力の強い魚です。

その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝をのぼると「竜になって天にのぼる」という中国の伝説にちなんで

『こどもがどんな環境にも負けず、立派な大人になるように』

という立身出世の願いが込められているそうです。

 

でも、親からしたら出世も嬉しいですがとにかく

「生まれてくれてありがとうー!」

「産ませてくれてありがとうー!」

「神様ー!この子をどうかお守りくださいー!」

「私も一生懸命、がまだしますからー!(頑張りますからー!)」

っていう思いでいっぱいなんですよね。

 

私も子どもを産む前は、

「おー、今年もいっぱい飾られとるわあ」

「意外と男の子っているんやな~・・・」

くらいにしか思っていませんでしたが・・・。

 

いざご縁があるとそれから見上げる「鯉のぼり」の旗は、全て「奇跡」と「歓声」に見えて・・・。

愛しく思います。

熊本独自のこいのぼりの飾り方とは?

では、熊本県ならではの風習についてご紹介しましょう(`・ω・´)ゞ

熊本県のこいのぼりは、葉をつけた杉の丸太を竿にして、生まれた男の子の姓名を入れた「名前旗」を一番上に飾るという風習があります。

これは、天の神様に

「男の子が生まれましたよーーー!」

と、お知らせするためだそうです。

その下に、

  • バレン(竹籠)
  • 風車(片矢車)
  • 吹き流し
  • 黒鯉
  • 赤鯉
  • 青鯉

の順番で飾っていきます。

名前旗は、黒地に白で姓名を染め抜くのが特徴です。

矢車は、全国的には2つの輪が重なったものが主流と言われていますが・・・。

熊本県では「片矢」の風車(片矢車)を飾ることが多いんです。

矢旗とは?

熊本県では、鯉のぼりと一緒に武者などを染め抜いた細長い「矢旗」を飾るご家庭が多く見られます。

初節句を「矢旗祝い(やばたいわい)」と表現する地域もあります。

矢旗は、黒背景に武者絵などの派手で勇ましい絵が描かれたものが多く、白地で姓名を大きく染め抜くものもあります。
Sponsored Link

【熊本】鯉のぼりは誰が贈るの?

熊本県では、

  • こいのぼり=父親側の実家から
  • 五月人形等=母親側の実家から

贈ることが多いようです。

4月1日に立てることが一般的なので、その前に贈るようにしましょう♪

【熊本県】親子で(無料で)楽しめる「金魚と鯉の郷広場」って、どこ?

熊本県には「金魚と鯉の郷広場」という幼児も大人も一緒に楽しめるスポットがあります。

広い広場も、噴水も、遊具が充実した公園もあるので、子どもたちは喜ぶこと間違いなし♪

詳細についてはこちらでレポしていますので、どうぞご参照くださいませ。

親子で作る「こいのぼり」工作

私にも男の子がいます。(今は弟が増え、2人兄弟になりました。)

まだ長男が小さい時(当時2歳)に一緒につくった工作が楽しかったので、貴方にもご紹介しますね(*´ω`*)

手形でこいのぼりを表現してみる♪

【こいのぼり】熊本県独特の風習まとめ

熊本県出身である私にとっては、「あとぜき」や「さしより」という方言を標準語と勘違いしていたあの日と同じく(笑)こいのぼりの飾り方に関しても「熊本ならでは」だという事を知らずビックリしました。

同じ日本でも、少しずつ違った文化があり、それぞれに深い歴史があるんですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして(*´▽`*)このブログを書いているのは、熊本の小さなアパートに住む普通のママです。基本的に、気になることや面白いこと、役立つことなどを書いていきます。このブログのコンセプトは、大切な家族を想う、パパやママのための記事作りになっています。どうぞ、お付き合い下さいませ(*´▽`*)