八代妙見祭2019の日程や見どころは?混雑状況や交通規制についても詳しく解説!

熊本県八代市で毎年盛り上がっている伝統のお祭り「八代妙見祭(やつしろみょうけんさい)」。九州三大祭りのひとつとしてユネスコ無形文化遺産にも登録されました。

ねちたろ
約380年続いているお祭りだよ!

さて。今回は今年も行われる「八代妙見祭(2019年)」について

  • 八代妙見祭の概要と歴史
  • 2019年八代妙見祭の日程・開催時間
  • 雨天の場合
  • 妙見祭の見どころ(めちゃ詳しく解説!)
  • 観覧席についての情報
  • アクセス・駐車場情報
  • 混雑状況(これまでの情報から考察)

をまとめてご紹介します(`・ω・´)ゞ

Sponsored Link

八代妙見祭ってどんなお祭りなの?

八代妙見祭(やつしろみょうけんさい)は、熊本県八代市にある「八代神社」の秋の例大祭で、九州三大祭のひとつです。

22日は、前夜祭となる「御夜」が行われます。2016年にユネスコ無形文化遺産登録された「山・鉾・屋台行事」の33の祭礼のひとつです。

23日の神幸行列(お上り)では、神興や笠鉾、獅子、亀蛇、花奴、飾馬など40の出し物が塩屋八代宮から八代神社(妙見宮)へ約6キロの道のりを練り歩きます。

「ガメ」の愛称で親しまれている亀蛇(きだ)は、カメとヘビが合体した想像上の動物で、その迫力ある演技は多くの観客を魅了します。

八代神社近くの砥崎河原などでは、各奉納団体による演舞が行われます。

23日は、新八代駅から臨時バスが運行する予定です

八代妙見祭の歴史

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

進撃の亀蛇🎵🎵 八代妙見蔡☆2018 ユネスコ無形文化遺産 熊本県八代市 国指定重要無形民俗文化財 八代妙見祭の神幸行事. #八代妙見祭 #妙見祭

shooting☆ photo jpさん(@shooting410jp)がシェアした投稿 –

八代神社のご神体である妙見神は今から約1300年前、中国から妙見神が亀蛇に乗って八代に上陸したという古事に基づいて、江戸時代中期に始まりました。

2019年八代妙見祭の日程・開催時間・開催場所

開催日:2019年11月22日~23日

  • 【22日】お下り/14:00~・御夜/17:30~(本町アーケード一帯)
  • 【23日】お上がり行列/7:30~17:00(塩屋八幡宮~八代神社ほか)

開催場所:①八代神社(妙見宮)

  • 〒866-0802 熊本県八代市妙見町405
  • 0965-32-5350
  • グーグルマップはこちら

開催場所:②砥崎河原

開催場所:③やつしろハーモニーホール

  • 〒866-0854 熊本県八代市新町5−20
  • 0965-53-0033
  • グーグルマップはこちら

開催場所:④八代駅前広場

  • 〒866-0831 熊本県八代市萩原町1丁目1
  • 0965-32-0108
  • グーグルマップはこちら

八代妙見祭:雨天の場合は延期?中止?

小雨決行との情報がありますが、詳しくは直接お問い合わせいただいた方が確実です。

お問い合わせ先は?

八代妙見祭についてのお問い合わせは、八代妙見祭保存振興会(事務取次・八代市文化振興課)へ。

■電話番号:070-5819-8246

妙見祭の見どころ

妙見祭の見どころ①御夜(ごや)【22日】17:30~20:30

妙見祭前日の22日には、本町アーケード一体で「御夜(ごや)」と呼ばれる前夜祭が開かれます。各出し物を間近に見ることが出来、妙見祭をいっそう楽しめますよ♪居酒屋や料理店、カラオケ店などで御夜限定メニューも楽しめます。

ホイホイ出発式、龍踊り(長崎女子高校)(➡龍持ち体験あり!)山鹿灯篭(鹿本農業高校)、子供能、雅太鼓(秀岳館高校)鮎帰地区雨乞い踊りなどなど…。各ステージでイベントが溢れます。

ねちたろ
100食限定で豚汁がふるまわれたり、お菓子とジュースがふるまわれたり…♪お得もいっぱい!

前泊して翌朝からお祭りを楽しまれると、よりいっそう妙見祭を堪能できます☆彡

妙見祭の見どころ②神幸行列【23日】

妙見祭の見どころ【クライマックス】は、何といっても23日に行われる神幸行列です。

神興や笠鉾、獅子、亀蛇、花奴、飾馬など40の出し物が列をなして、塩屋八幡宮を朝7:30に出発します。

本町アーケード、やつしろハーモニーホール、八代駅前を通り、八代神社へ向かいます。

昼前に八代神社に到着した行列は、昼休憩後に砥崎河原を通過して、演舞を披露します。

  • 塩屋八幡宮 7:30~8:00
  • 本町アーケード 7:30~8:30
  • やつしろハーモニーホール 8:30~9:30
  • 八代駅前:9:00~11:30
  • 八代神社 11:00~13:00(笠鉾など)
  • 宮地小学校グラウンド 11:00~13:00
  • 砥崎河原 12:30~15:00【最大の見せ場!!!】
  • 妙見中宮 14:30~15:00神興・神馬・獅子舞
ねちたろ
赤色の部分は特におすすめ!

超おすすめ!妙見祭に行くなら必見の見どころチェックポイント

  • 獅子舞を見る
    八代駅前(9:00頃)
    八代神社境内(11:15頃)
    八代神社角(11:45頃)
    砥崎河原(12:30頃)
    妙見中宮(14:30頃)
    札の辻(19:00頃)
  • 笠鉾を見る
    ハーモニーホール(8:30頃)
    宮地小学校グラウンド(12:00~13:00頃)
  • 亀蛇を見る
    通貨経路のどこでも可!
    砥崎河原(14:15頃)
  • 花奴を見る
    八代駅前(9:30頃)
    砥崎河原(13:10頃)
  • 馬追いを見る
    八代駅前(10:20頃)
    砥崎河原(14:30頃)
  • 神興を見る
    (通貨経路のどこでも)

妙見祭の見どころマップ

2019年妙見祭の流れやトイレの場所などについてはこちらにとってもわかりやすく、詳しく書かれているので、ぜひご参照ください♪

観覧席についての情報

桟敷席について、公式サイトにて情報がありました!

桟敷席のご案内

桟敷席のご案内

令和元年 桟敷席の販売についてお知らせいたします。
なお、ご不明な点等ございましたら、八代商工会議所へお問い合わせください。

販売開始日時
令和元年9月2日(月) 午前8時30分から
※販売開始前の事前予約は行いません。

販売窓口(お問い合わせ先)
八代商工会議所
〒866-0862 熊本県八代市松江城町6-6
電話0965-32-6191

桟敷席の種類・金額
【砥崎河原】
1列目:24,000円 (33マス)
2列目:18,000円 (33マス)
3列目:15,000円 (33マス)
※1列目をお求めの方は、お一人様1マスまでとさせていただきます。
※1マス6人までご利用できます。
※今年も八代駅前の桟敷席の販売はございません。

ねちたろ
要チェックだね!

アクセス・駐車場情報・交通規制について

アクセス:JR鹿児島本線「八代駅」から徒歩約20分です。

塩屋八幡宮、八代駅前周辺には駐車場がありません。また、ハーモニーホールの駐車場も限りがあります。

また、八代神社・砥崎河原周辺は交通規制によって23日は車の進入が出来ません。県地域振興局駐車場及び球磨川スポーツ公園駐車場からシャトルバスを運行しますのでご利用ください。

交通規制やシャトルバスの場所について、詳しくはこちらをご参照ください。

交通規制についてはこちらでもわかりやすく図で解説されています。

混雑状況(過去の情報から考察)

はじめて参加される方は、どんな雰囲気なのか、混雑具合はどうなのか等、イメージが難しいかもしれませんね。

Twitterやインスタグラムで過去の様子を観てみましょう。

Twitter情報

インスタ情報

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

毎年、駅前で笠鉾を上から見る。 何度見ても飽きることがない。 美しか。 #八代妙見祭 #八代 #ユネスコ無形文化遺産 #日本の祭り #武者んよか #妙見祭

Nobu Uenoさん(@nobuueno)がシェアした投稿 –

ねちたろ
うん…。めっちゃ混んでる!

毎年、例外なく大賑わいしていますね。お祭りの時の、みなさんの生き生きした表情もまた「見どころ」です。

八代妙見祭2019の日程や見どころは?混雑状況や交通規制など詳細情報まとめ

今回は「八代妙見祭(2019年)」について

  • 八代妙見祭の概要と歴史
  • 2019年八代妙見祭の日程・開催時間
  • 雨天の場合
  • 妙見祭の見どころ
  • 観覧席についての情報
  • アクセス・駐車場情報
  • 混雑状況(これまでの情報から考察)

をまとめてご紹介しました(`・ω・´)ゞ

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして(*´▽`*)このブログを書いているのは、熊本の小さなアパートに住む普通のママです。基本的に、気になることや面白いこと、役立つことなどを書いていきます。このブログのコンセプトは、大切な家族を想う、パパやママのための記事作りになっています。どうぞ、お付き合い下さいませ(*´▽`*)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。