段ボールを無料で処分するには?24時間無料回収の「エコぽすと」が便利!

要らなくなった段ボールや古雑誌の処分、どうされていますか?

私の住む地域では一般的に

資源ごみ用である特定の有料の袋に入れ、『資源ごみ』として出すようになっています。

 

でも、最近では

「古新聞」や「古紙」、「牛乳パック」などを無料で回収してくれるポストのような場所もありますよね!

お金がかからないのはとっても有り難いです。

しかし、

意外と少ないのが「段ボール」の無料回収先。

段ボールは有料で処分するしかないのか・・・と、悩んでいたある日。

ついに、見つけたのです。

Sponsored Link

これは便利!近所の「エコぽすと」を利用してみた

 

みいつけた!(´◉◞౪◟◉)←いよ

ひたすらググって(検索し続けて)いましたが、全然見つからなくて諦めかけていた、そんなある日。便利で親切な無料回収スポットをついに発見したのです!

エコぽすとって何?

「~紙のリサイクル~エコぽすと」とは、

365日、24時間。

不要なリサイクル資源を無料で回収してくれる

無人の受け入れ施設です!

会員登録やカード作成などの必要も一切なく、営業時間も24時間体制ということで時間に制限されることもないので、より気軽に利用できます!

 

では、実際にダンボールを無料で処分する為にエコぽすとを利用して感じた7つのメリットと、1つのデメリット

ガッツリ、

主夫×主婦目線でご紹介しましょう。

ダンボールを無料で処分!「エコぽすと」の7つのメリットと、1つのデメリット

7つのメリット

  1. お金(料金)がかからない
  2. 時間に縛りがない(いつでも出せる)
  3. 駐車場スペースがある
  4. 株式会社が運営している(のでちょっと安心して出せる)
  5. 無人(人見知りな私にとって神対応w)
  6. でもサポートは充実(電話でお問い合わせできるし、エコぽすとには防犯カメラも設置されている)
  7. 手間がかからない(会員登録やカード作成の必要がない)

など、忙しい方や恥ずかしがりな方(主に私w)にもメリット盛りだくさんなスポットです!

ただ1つのデメリット

  1. カードなどのポイントはつかない(ポイント特典などのサービスはない)

ゆめマートやイオンなどでは、回収BOXにごみを入れることでカードにポイントがたまるなどの特典があるのに対し、こちらではカード発行の手間がない分、そのような特典もありません。

いずれにしても、

リサイクルに貢献できて、さらに家庭のごみも減る。

(しかも何てったって、無料。)

なんてウィンウィンなんだ・・・!

※エコぽすとについてもっと詳しく知りたい方は大和紙料株式会社さんの公式HPをご参照ください。

エコぽすとの簡単すぎる利用方法

では実際にどのように利用するのか、ご説明します。基本的に、前もっての予約、連絡などは必要ありません。

  1. ゴミを集める。
  2. まとめる。
  3. 出しに行く。

おしまいっ!

・・・あれ・・ざっとしすぎてわかりにくいですね(´◉◞౪◟◉)

ちょっと具体的にお話ししましょう。

1.ごみを集める。

回収できるごみの内容・種類は、その場所によって違います!

何が回収できるのか、あらかじめチェックをした上で、出せるごみを集めましょう!

※公式HPにはエコぽすとが設置されている場所と、その場所ごとに集められているリサイクル資源の種類が明記されています。

2.ごみをまとめる。

ゴミは種類別にまとめておきましょう。

例えば、私が今回利用した「エコぽすと」は、ゴミを出すスペースが

  1. 「ダンボール」
  2. 「古新聞」
  3. 「古雑誌」

の3種類に分かれていました。

  • ダンボールは紐などでまとめてもok、畳んでそのまま出してもokとのことです。
    (今回私が利用した場所では、実際、畳んでそのまま出してあるものが多かったです)
  • 古新聞や古雑誌は、紙袋に入れるか、紐で縛って出すとokとのことです。
    雑誌などをそのまま出している方もいますが、まとめて出した方が業者さんは助かるとのことでした。
    (ちなみに私は紙袋に入れて出しました)

※私たちがごみとして出したものを、その後リサイクルしてくださる方がいます。ルール×モラルを守りましょう♪

3.ゴミを出しに行く。

実際に車に乗っけてダンボールなどのゴミを出しに行きます。

エコぽすとへのお問い合わせ先

Sponsored Link

電話番号 0120-54-9321 
※通話料、無料です(拍手!)

公式HPのお問い合わせフォームからもお問い合わせ可能です。

・・・ちなみに、私も利用したのは今回が初めてで、ダンボールの具体的な出し方など全くわからなかったので、お電話でお問い合わせしました。

 

ドキドキしながらお電話しましたが、とても丁寧に対応していただきました。

私:「古雑誌などは、くびって持っていくといいでしょうか?」

と標準語だと思い質問。見事に伝わりませんでした。

【※くびる・きびる=福岡や長崎、熊本などでは結ぶ、縛る、締めるという意味で使われています。よく年配の方が使われています。】

 

慌ててジェスチャーでお伝えしましたが電話なので伝わるはずもなく。

最終的にはスタッフさんの名推理で解決しました。

ス:「・・・ひもなどで結ぶ、ということでしょうか?」

私:「です!!!あの、ごめんなさい!」←

・・・とてもアラサーとは思えない恥ずかしい会話となりました。

爽やかに対応してくださったスタッフさんに感謝申し上げます。(あー恥ずかしい)

まとめ

  • 出したい時に(自分のペースで)出せて
    (これがめちゃくちゃ嬉しい)
  • しかも無料で、すっきりできる。
  • 家庭がすっきりすると(運気もアップ)
  • 気持ちもすっきりする!(気分転換にもなる)

なんて便利で有り難いスポットでありましょうか・・・!

あなたの近所にもあるかも知れません。是非チェックしてみてくださいね♪

↓ランキングに参加しています♪よかったら応援してください(*´▽`*)


子育て情報ランキング

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして(*´▽`*)このブログを書いているのは、熊本の小さなアパートに住む普通のママです。基本的に、気になることや面白いこと、役立つことなどを書いていきます。このブログのコンセプトは、大切な家族を想う、パパやママのための記事作りになっています。どうぞ、お付き合い下さいませ(*´▽`*)