いわしとトマトのサンラータン(酸辣湯)のレシピ【美と若さの新常識】

2018年11月7日のNHK「美と若さの新常識」で放送されたイワシとトマトの酸辣湯のレシピをご紹介します(`・ω・´)ゞ

教えてくださったのは料理研究家の和田明日香さんです。

 

Sponsored Link

【美と若さの新常識】いわしとトマトのサンラータンのレシピ

今回放送の【美と若さの新常識】では顔を若々しく見せるには、赤血球の色と形が大事!という「新常識」が放送されました。

全身に酸素を運んでくれる赤血球。その「赤血球」のケアを怠ってしまうと、血色が悪くなり・・・

  • 老け顔
  • 肌荒れ
  • 息切れ
  • だるさ

といった全身の症状につながることがわかってきました。女性は特に赤血球の能力不足で起きる貧血に悩まされがちですよね。

この赤血球の色や形を元気に復活させる「ケア」の方法の一つとして、今回のお料理が大活躍するのです。

いわしは鉄分とEPAを豊富に含みます。調理のひと工夫として、鉄分の補給が出来る「鉄玉子」を鍋に入れて、そこに酢を少々入れることでさらに多くの鉄分を吸収することができます♪

 

お料理で「おいしく、楽しく。」赤血球を元気に復活させましょう!

ねちたろ
グッバイ、老け顔!

【美と若さの新常識】いわしとトマトのサンラータン:材料

※今回は2名分のレシピです。

  • いわし(三枚おろし):200g
  • 塩:少々
  • 卵白:1個分
  • 片栗粉:小さじ1
  • 醤油:小さじ1
  • 生姜:(すりおろし)小さじ1
  • 水:400ml
  • 鶏ガラスープの素:小さじ1
  • シイタケ:2枚
  • 完熟トマト:大1個
  • 水溶き片栗粉:小さじ4
  • 卵黄:1個分
    Sponsored Link
  • ゴマ油:小さじ1
  • 黒コショウ:たっぷりと
  • 酢:大さじ1~2
  • ラー油:お好みで

【美と若さの新常識】いわしとトマトのサンラータン:作り方

  1. いわしは包丁で細かく切り、すり身にして叩いてなめらかにする。
  2. 塩、卵白、片栗粉、醤油、生姜を加えてしっかりと練り込む。
  3. 魚の臭みをとるために、一口大のボール状にした後サッとゆでる。
  4. 鉄分を摂るために、鍋に「鉄玉子」、水、お酢を大さじ4入れて沸かす。
  5. 鶏がらスープのもとを入れてシイタケといわしを入れて熱する。
  6. ざく切りにしたトマトを加えて煮込む。
  7. 片栗粉でとろみをつけ卵黄をゆっくりと流し入れる。
  8. ごま油・お酢・黒コショウで味を調えたら完成!

【美と若さの新常識】和田明日香さんの本

今回教えてくださった料理研究家の和田明日香さんが掲載されている本がありました。

「疲れてても出来る」レシピ本です。 疲れてても出来るって、どんなレシピなんでしょうか。気になりますよね♪

それから、和田明日香さんは「子育て」についても本を出されているようです。

笑顔が素敵な料理研究家の和田明日香さんの本について、ご紹介しました(*´▽`*)

【美と若さの新常識】感想・まとめ

今回の「美と若さの新常識」では赤血球の元気のために「EPA」が大活躍することがわかりました。

昔から身体にいいと言われてきた、青魚に多く含まれるEPA・DHAですが、研究が進んでいる現代でもやはり重要だと言われています。しかし実際にはなかなか思うように摂取出来ないのが現状ですよね。

日ごろのお料理でも、和田明日香さんが教えてくださったレシピなどを参考にしつつ、忙しい中でしっかりと摂取するためにサプリメントを活用するといいですね♪

↑こちらの「オーがランド」っていうサプリメント専門のお店は、愛用者も多く口コミも好評ですのでご紹介しますね。これであなたも

ねちたろ
老け顔・疲れにセイグッバイ!

赤血球の疲れも、それに伴うお肌や身体の疲れも。楽しく元気復活させましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして(*´▽`*)このブログを書いているのは、熊本の小さなアパートに住む普通のママです。基本的に、気になることや面白いこと、役立つことなどを書いていきます。このブログのコンセプトは、大切な家族を想う、パパやママのための記事作りになっています。どうぞ、お付き合い下さいませ(*´▽`*)